超有名なホワイト餃子柏店の焼き餃子は、駅近で安くて美味しかった

1 はじめに

千葉県柏市に立地するホワイト餃子柏店に行きました。

近年、再開発が進むJR柏駅周辺の街の様子と、ホワイト餃子柏店の訪問記を写真付きで、ご紹介します。

2 ホワイト餃子とは

2.1 ホワイト餃子とは

ホワイト餃子とは、テレビで何度も紹介されてる超有名な餃子専門店です。

本店は、千葉県野田市に立地しており、関東を中心に全国26店舗を展開しています。

今回は、地方都市で駅近の千葉県柏市のホワイト餃子柏店に行ってきました。

2.2 ホワイト餃子柏店のアクセス

ホワイト餃子柏店は、JR柏駅から5分の駅近店舗です。

他の店舗は、駅から遠い店舗が多いです。

3 千葉県柏市のホワイト餃子へ行ってきた

3.1 JR柏駅周辺の様子

ホワイト餃子柏店の最寄り駅は、

JR柏駅と東武柏駅です。

JR柏駅は、常磐線各駅停車、常磐線快速、上野東京ラインが停車するため、大変便利です。

JR品川駅、東京駅、上野駅などの巨大ターミナル駅から乗り換え無しの1本でアクセスできます。

JR柏駅には、南口と東口があります。

東口で降りると、大通りを通るため、道が簡単です。

柏駅南口のスクランブル交差点です。

奥に見えるのが高島屋の駅ビルです。

駅前通りは、歩行者天国でした。

歩行者天国では、ストリートこたつのイベントをやっていました。

ストリートこたつとはなんでしょう?

温かく、お菓子やミカンもあるようです。

ストリートこたつです。

歩行者天国の道路の上に、人工芝が敷いてあり、

本物のこたつが置いてありました。

たくさんの子供たちが、こたつに入って、

ボードゲームなどを楽しんでいました。

ストリートこたつの横には、柏駅前の模型が置いてありました。

この歌詞駅前の模型は、500分の1のスケールで、芝浦工業大学の研究室が緻密に作成したものです。

研究テーマは、都市空間情報の整理と都市模型による可視化です。

上が北で、駅ビルと東西に線路が確認できます。

駅の南側のエリアには、巨大なタワーマンションが2棟あります。

500分の1の縮尺のこの模型では、タワーマンションの高さ100mは、約25cmに縮小されます。

ストリートこたつの場所は、赤丸の位置です。

参考に、ホワイト餃子の場所は、およそ青丸の位置となります。

柏駅は、通称、”千葉の渋谷”と言われるほどの大きな地方都市ですが、

都市模型でも、駅前周辺のビルの過密さから都会の様子が伺えます。

柏駅前には、ドンキホーテがあります。

ドンキホーテのアクアワールドは、長さ3mくらいある超巨大なアクリル水槽です。

たくさんの熱帯魚が泳いでいます。

柏駅前に来たら、必ず見たいスポットです。

掃除が行き届いた、きれいな水槽です。

おそらく、レンタル水槽だと思います。

月額レンタル料金が気になります。

駅前のタワーマンションを下から見上げました。

このタワーマンションは、複数のビルを集約して、建てられました。

低層階には、主に、再開発前に入居していた店舗がテナントとして入っています。

同じ駅前のタワーマンションをすこし離れたところから撮影しました。

巨大なタワーマンションです。

JR柏駅からホワイト餃子に行く途中に柏神社があります。

柏神社の境内です。

たくさんの初詣参拝客がいました。

3.2 ホワイト餃子柏店の焼き餃子はとても美味しい

ホワイト餃子柏店の店舗の焼き餃子の写真をご紹介します。

ホワイト餃子柏店の入口です。

餃子専門店です。

当然ですが、行列に並びました。

行列ができるお店なので、係がご案内するまで、お店の外で待ちます。

お店の出入口の横には、お持ち帰り用の窓口があります。

お持ち帰り用の生餃子は30個で960円、焼き餃子10個で480円と良心的な価格です。

スープと餃子です。

中華スープは薄味なので、ごくごく飲み干せます。

白い大皿からはみ出るホワイト餃子です。

ホワイト餃子20個が一皿に乗っていて、この写真の餃子は2人前となります。

普段の食事量が人並み程度の成人男性ならば、20個でちょうど良いです。

油で揚げているため、皮はパリパリで、歯ごたえあります。

具は肉汁たっぷりのジューシーな餃子です。

食材分析はしませんでしたが、ニラと玉ねぎなどの臭う食材が入っているので、ホワイト餃子を楽しむならば、翌日が休日の日に限ります。

独特の風味は、お客さんにまた食べたいと思わせる工夫が感じられ、リピーター客が多いのが納得です。

油で揚げるため、注文から焼き餃子がテーブルに届くまでの時間は、20分程度掛かりました。

来店の際は、ゆとりをもってきた方がよいです。

水餃子10個、1人前です。

水餃子は、つるっと食べられて、癖が無く、何個でも、食べられそうです。

子供が食べるならば、お子様ランチはないため、ごはんと水餃子がお勧めです。

4 まとめ

ホワイト餃子、安くて、とても美味しいです。

店内は結構騒がしく、子連れも見かけました。

レストランではないので、多少、子供が騒いでも、許される雰囲気が良い感じです。

機会があったら、また、再来店したいです。

それでは~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする