サンリオピューロランドに行ってみた。子供向けお勧め回り方のご紹介

1 はじめに

サンリオピューロランドに、子供と一緒に行ってきました。

子供向けのお勧めの回り方を、紹介します。

2 サンリオピューロランドとは

2.1 サンリオピューロランドとは

サンリオピューロランドとは、東証一部上場企業である株式会社サンリオのテーマパークです。

株式会社サンリオの代表的なキャラクターであるハローキティ、ぐでたま等は、

大人から子供まで大人気です。

サンリオは、ハローキティやぐでたまのキャラクタービジネスを展開して、東証一部上場企業になったので、夢のある企業です。

2.2 サンリオピューロランドの立地

サンリオピューロランドは、東京都多摩市に立地します。

住所は、東京都多摩市落合1-13。

多摩市は東京都の西部に位置します。

2.3 サンリオピューロランドの行き方

電車で行く場合、最寄り駅は京王多摩センターまたは小田急多摩センターとなります。

京王線を使えば、京王新宿駅から京王多摩センターまで、橋本行きの特急で約30分です。

多摩という地名から、都心から遠いのかなと思いますが、アクセスはとてもよく、長時間の電車移動が苦手な小さな子供でも、気軽に電車で行くことができます。

2.4 サンリオピューロランドは屋内型施設

サンリオピューロランドは、屋内型施設です。

建物内なので、雨風に関係ないため、真夏、真冬、雨、雪などでも室内は快適です。

小さな子連れ向けに優しい施設と言えます。

Googleマップの衛生画像でサンリオピューロランドの建物のサイズを確認すると、およそ縦120m×横70mの長方形です。コンパクトなサイズなので、無駄な移動をせずに、効率的にアトラクションを見られます。

3 休日に子供と一緒に、サンリオピューロランドに行ってみたら子供は大喜び

3.1 多摩センター駅に到着

多摩センター駅に到着です。

小田急多摩センター駅と京王多摩センター駅は、隣接しています。

画面中央の京王多摩センター駅構内には、キティちゃんのキャラクターが見えました。

京王多摩センター構内には、京王電鉄の制服を着たキティが登場します。

凛々しいキティのデザインです。

京王多摩センター駅のホームの駅名の看板には、ポムポムプリンがデザインされています。

よく見ると、ポムポムプリンも、京王電鉄の制服を着ています。

駅名の看板にキャラクターがデザインされているのは、はじめ見ました。

小田急と京王の多摩センター駅に到着です。

多摩という言葉から、東京からかなり遠いイメージですが、

京王線ならば、新宿から特急で30分とアクセスが良いです。

3.2 多摩センター駅前で、たくさんのキティちゃんを発見!

駅前は、キティちゃんだらけです。

駅前の歩行者通路の壁面は、サンリオのキャラクターで溢れています。

こどもは、この壁面を見て、キティーちゃんの国だ!と大興奮です。

写真を撮っていると、他の家族の子供たちも、壁面のキティちゃんを喜んでいました。

多摩センター駅前は、美しいデザインです。

駅からサンリオピューロランドに移動する途中、なんと、階段にも、キティちゃんがデザインされています。多摩市とキティのコラボレーション、すごいです。

エリアマップもキティちゃんです。

3.3 途中にはみどころ満載で、街並みは美しい

この通りは、パルテノン大通りと言います。

名前にふさわしい、美しい街並みです。

イトーヨーカ堂の西側の通りには、タイルでデザインされた美しいオブジェがあります。

なんと、オブジェの中は、キティちゃんでした!

道端にキティちゃんが、飾られていました。

まるで、ウェディングケーキのようです。

角度を変えて、撮影しました。

3つのサンリオのキャラクターが、飾られています。

子供の日の前なので、大きな鯉のぼりが青空を泳いでいます。

子供向けの演出、すごいです。

ヨーカドーの南側の通りです。

道の真ん中に美しい花壇があり、チューリップが咲いています。

このチューリップが咲いている美しい通りは、ハローキティストリートと言います。

この道を真っすぐ行くと、サンリオピューロランドに到着します。

とてもわかりやすい道の名前です。

しばらく歩くと、巨大な高層ビルが見えます。

ベネッセの東京本部のビルです。

とても大きなな高層ビルで、デザインがかっこいいです。

ベネッセの敷地は美しい公園になっています。

カラフルな彫刻も飾らています。

ハローキティストリートを、サンリオピューロランドへさらに進むと、

キティちゃんとしまじろうの銅像が見えました。

しまじろうは、ベネッセの人気キャラクターです。

こどもは、「キティちゃんとしまじろうは仲良し」と言って、喜んでいました

3.4 入口に到着したら大行列

ハローキティストリートを真っすぐに歩くと、正面に、サンリオビューロランドがやっと見えました。

当日の開園時間は9時30分でした。

開園の少し前に到着しましたが、すでに入場は大行列です。

行列の流れは、ざっと、100mくらいです。

ちなみに、この行列に並んで入場できる人は、すでにパスポート等のチケットを持参している人です。

これがチケット売り場です。

当日券、割引チケット等を購入する人は、入場口横のチケット売り場に並ぶ必要があります。

当日は、チェット売り場の窓口は、2窓口のみが空いており、10分程度、待ちました。

パスポート購入後、先ほどの長い行列の一番後ろに並びなおして、入場しました。

100mの行列の待ち時間は、ざっと10分程度でした。

入場の行列の待ち時間には、サンリオピューロランドの壁面のかわいいキャラクターを楽しむことができます。

待ち時間も、退屈しない配慮がうれしいです。

これがサンリオビューロランドの入口です。

長い行列を進んで、やっと入場です。

入場してすぐに向かったのが、レディキティハウスです。

これは、レディキティハウスの入口です。

すでに、入場の待ち行列が見えます。

朝一番で行きましたが、待ち時間は30分間でした。

レディキティハウスの外観です。

外観は、お城のようで、とても豪華です。

レディキティハウスの入口です。その隣には、モニターが設置されています。

以下、モニターに映し出されたキティちゃんを紹介します。

以上は、レディキティハウスの入口に設置されたモニターの映像です。

長い待ち時間も、退屈しません。

我が家の子供は、キティの映像に釘づけでした。

キティと写真が取れて、フォト受付カウンターで、写真を購入することができます。

3.5 レディーキティハウスの中で、子供は大興奮

入場すると、最初の部屋に展示されているのが、赤い椅子です。

とても豪華な椅子です。多くの子供たちは、豪華な椅子に座って、ご機嫌でした。

赤い椅子の後ろには、キティが見えます。

赤い椅子のキティをよく見ると、絵ではなく、写真です。

室内を天井から撮影した写真でした。

美しいキティちゃんの白いピアノです。

よく見ると、ピアノの表面には、キティちゃんがデザインされていました。

鍵盤中央に位置する金のプレートにも、キティちゃんがデザインされています。

ピアノの右側には、キティちゃんの肖像画が飾られています。

白いピアノの左側のにも、キティちゃんの肖像画があります。

赤い椅子がある部屋は、液晶画面でキティの映像が流れています。

写真の中央が液晶画面です。

キティちゃんが、西洋のお金持ちに変身した肖像画のように見えます。

天井を見上げると、豪華なシャンデリアが飾らています。

天井にも、キティちゃんがデザインされており、細部まで、作りこみがすごいです。

液晶画面の下には、ドアがあり、間もなく、次の部屋へ入場です。

次の部屋には、くまの椅子がおいてありました。

行列ができていました。

空気でくまが、ふくらみます。

かなり大きい、バルーン状のくまでした。

レディキティハウスの中から、レディキティハウスの入口を撮影しました。

この行列で、待ち時間は40分間となります。

こちらは、レディキティハウスの出口方面です。

レディキティハウスの出口には、キティちゃんグッズがたくさん販売されています。

和室で座っているキティちゃんです。

畳みの上は、靴を脱げば、上がることができます。

キティちゃんと写真を撮ることができます。

豪華な洋館の中の和室は、人気の写真撮影場所でした。

キティちゃんのウォークインクローゼットです。

豪華でカラフルなドレスがたくさんあります。

キティちゃんは、衣装持ちなのですね。

キティちゃんの巨大な化粧品です。

キティちゃんのアクセサリーです。

煌びやかなアクセサリーがたくさんあります。

キティちゃんは、お嬢様ですね。

キティゃんのコーヒーカップです。

青と白のストライプのコーヒーカップには、キティちゃんがデザインされています。

キティちゃんのベッドです。

ベットのまわりには、たくさんのケーキが置いてあります。

キティちゃんは、甘党でした。

ベットに乗り、写真をとることができます。

ガラス張りのディスプレイです。

以下の肖像画は、本物のキティちゃんと写真が撮れる部屋の前に、飾られています。

写真を撮るため、行列ができています。

行列に待ちながら、キティちゃんの肖像画を楽しむことができます。

待ち時間も、苦になりません。

川で洗濯をするキティちゃんでしょうか。

上手なデッサンです。

プロの芸術家の作品かな。

美しい肖像画です。

くまの天使と、キティちゃんです。

キティちゃんは、ピアノを弾いています。

先ほどの白いピアノで、キティちゃんは、ピアノの練習をしているのかもしれません。

キティちゃんの海水浴、花見でしょうか。年間行事も、満載です。

パレリーナのキティちゃんです。

この肖像画の先には、キティちゃんと写真が撮れる部屋があります。

写真撮影は、個人のカメラやスマホでは、撮影不可です。

サンリオの専属カメラマに、サンリオのカメラで写真を撮ってもらえます。

キティちゃんと写真を撮るのは無料ですが、写真の購入にお金が掛かります。

写真は、レディキティハウスの出口で購入することが出来ます。

3.6 ぐでたまムービーショー

レディキティハウスが終わったら、ぐでたまムービーショーに向かいました。

既に、ぐでたまムービーショーの開園10分前のため、

入場の待ち時間は0分でした。

スムーズに入場できました。

ぐでたまムービーショーの入場口です。

中に入ると、結構広いです。

ステージに向かって、左から入場します。

10分前でも、座席は空いていました。

ステージに向かって、ステージ右側も空いていましたので、ステージ右側の座席を確保しました。

ぐでたまムービーショーは、ステージの端でも、問題なく楽しむことができました。

途中で、ぐでたまの着ぐるみをきたお兄さんが登場します。

ぐでたまは、やる気が無いので、自宅待機するそうです。

ぐでたまは、やる気が無いので、すぐに、解散してしまいます。

ぐでたまムービーショーは、観客参加型のショーです。

観客がステージにあがり、とても盛り上がっています。

選ばれた観客は、自転車を漕いでいます。

3.7 かわいい歌舞伎

かわいい歌舞伎は、メルヘンシアターで上演されます。

歌舞伎の主人公は、キティちゃんです。

メルヘンシアターの入口です。

メルヘンシアター内部には、キティちゃんの提灯が飾られています。

歌舞伎座らしいデザインです。

メルヘンシアター内の壁面には、サンリオのキャラクターがうっすらと、デザインされています。

キティちゃんのデザインは、はっきりと確認できます。

歌舞伎の舞台です。

部隊の右側が空いていたため、舞台の右側で鑑賞しました。

すぐそばまで、エキストラがやってくるので、迫力ある歌舞伎を楽しめました。

かわいい歌舞伎は写真撮影不可のため、写真が撮れず、残念でした。

かわいい歌舞伎を終えて、帰る通路には、豪華な歌舞伎のポスターが飾られていました。

想像以上の本格的な歌舞伎でした。

サンリオファンだけでなく、歌舞伎ファンも楽しめる大人な感じの演出でした。

歌舞伎の演出上、電気が暗くなる場面があるため、小さな子供は、怖がって、泣いてしまいました。

3.8 ミラクルギフトパレード

かわいい歌舞伎を追えると、知恵の木のまわりは、ミラクルギフトパレードの座席取りの人で、埋め尽くされていました。

かわいい歌舞伎が上映されたメルヘンシアター前に、かろうじて、パレードを座って見られる場所を確保することができました。

持参したシートを敷いて、場所取り完了です。

メルヘンシアターの前には、パレードの隊列の入場口があります。

目の前を、キャラクターが通過する、一等地です。

キキララちゃんです。

キティちゃんです。

キティちゃんです。

3.9 エアハウス

キティちゃんのエアハウスです。

静かに座ってみるアトラクションが続いたため、子供が自由に走り回り、飛び跳ねられるエアハウスは、ありがたいです。

エアハウスの入場料や利用料は無料です。

家族連れならば、必須の立ち寄りスポットです。

しんかんせんのエアハウスです。

わんぱくな男の子も、楽しめます。

エアハウスの回りには、たくさんの椅子が並べてあります。

大人は、椅子から、子供の遊ぶ様子を見られるので、保護者に優しい配慮です。

3.10 館内の様子

時計台です。

タカラトミーがスポンサーです。

知恵の木の周辺です。

キャラクターボードライドの待ち時間は60分です。

吹き抜けの入口です。

3階の出入り口付近えは、ダニエルに会えました。

館内3階のガラスティスプレイのキティちゃんです。

3階のぴかぴかに、磨かれた床に、キティちゃんがデザインされていました。

4 サンリオピューロランドの回り方

4.1 事前に巡回計画の立案は必須

事前に、巡回計画を立てることは、必須です。

サンリオピューロランドは、ステージの時間が決められているため、事前にホームページで確認して、巡回計画を立てるとスムーズです。

我が家では、以下のような巡回計画を事前に立案しました。

以下は、事前に立案した巡回計画です。

0910    多摩センター駅着
0930入場
0940~1000 レディキティハウス
1000~1015 キキララツィンクルツアー
1015~1030 ぐでたまランド
1100~1120 ぐでたまムービーショー
1145~1225 かわいい歌舞伎
1300~1325 ミラクルギフトパレード
1400~1440 ランチ
1500     多摩センター着

実際の行動実績は、以下の通りです。

0910     多摩センター駅着
0930~0940 入場待ち

0940     入場

0945~1015 レディキティハウス入場待ち
1015~1045 レディキティハウス
1100~1120 ぐでたまムービーショー
1145~1225 かわいい歌舞伎
1300~1325 ミラクルギフトパレード
1400~1440 ランチ
1500     多摩センター着

文字列だと、ラインなどでの共有化も便利です。

レディキティハウスは朝一番で行きましたが、30分の入場待ちです。

そのため、計画していたキキララツインクルツアーや、ぐでたまランドは、

見られませんでした。

事前に計画を立てないと、効率よくアトラクションを回れないです。

想像以上の待ち時間が発生した場合には、待ち時間に行動計画を変更すると

スムーズです。

4.2 事前に当日パスポートががあれば、入場がスムーズ

当日は、サンリオピューロランド入口の脇に設置されたチェット売り場で、

パスポートを購入しました。

貴重な時間を節約するならば、事前にパスポートの購入をお勧めします。

サンリオピューロランドには、様々な割引券があります。

各種割引券を利用する場合、パスポートを購入するために、

チケット売り場に並ぶ必要があります。

オークションなので、パスポートの事前購入をお勧めします。

4.3 当日パスポートを窓口で買う場合は、お父さんが大活躍

当日に各種割引券を購入する場合、お父さんのみがパスポートのチケットの購入にならび、子供たちは、入場の行列に並ぶ家族が、たくさんいました。

お父さんは、チケット購入で、大活躍です。

4.4 ミラクルギフトパレードの場所取りは必須

ミラクルギフトパレードの場所取りは、必須です。

知恵の木周辺の良い場所を、事前に確保できると、パレードを楽しめると思います。

4.5 場所取りの敷物は必須

ミラクルギフトパレードの場所取りの時に、敷物を持参することをお勧めします。

家族4人ならば、たたみ2畳分のレジャーシートがお勧めです。

サンリオピューロランドの床は硬いので、クッション付きのレジャーシートならば、なお良いです。

4.6 土日は再入場が可能

土日は、再入場が可能です。

再入場する際は、出口で、手にスタンプを押してもらう必要があります。

土日のレストラン混雑時や、何度も来ている保護者などは、再入場で、時間が有効に使えそうです。

4.7 本格的に一眼レフで写真を撮りたい場合は、明るいレンズを持参

一眼レフを持参して、美しい画像を取りたい場合、明るいレンズが必須です。

コンパクトデジカメでパレードを撮影しましたが、ほとんどがピンボケです。

次回は、F1.8の単焦点レンズを持参したいです。

4.8 劇場型のアトラクションは、椅子に座れるので子供におすすめ

ぐでたまムービーショー、かわいい歌舞伎は、椅子に座って鑑賞するアトラクションです。

椅子に座れるので、子供にやさしいです。

4.9 アトラクション間の移動はスタッフに案内してもらうとスムーズ

アトラクション終了後、次のアトラクションに移動したい場合、初めて来た人は、方向感覚を失い、館内の移動に戸惑います。

スタッフに案内してもらうと、移動がスムーズです。

4.10 帰りに、3階のインフォメーションカウンターで記念日カードを入手

帰りに、3階の出入り口の脇にあるインフォメーションカウンターで、記念日カードを入手できます。

記念日カードとは、首からぶら下げる紐が付いています。

「今日は初めてサンリオピューロランドに来た!」など、自由に記念日を決められます。

記念日カードは、長いので、入場時にもらうと、邪魔で、折れてしまうかもしれません。

帰りにもらうと、記念日カードが鞄の中などで、折れる心配も少なくなります。

5 まとめ

サンリオピューロランド、子供だけでなく、大人も楽しめます。

今回、一部のアトラクションしか、見られなかったので、近々、再訪したいです。

それでは~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする