レーザープリンターの選び方

1 はじめに

先日、レーザープリンタを買いました。

レーザープリンタとインクジェットプリンタの違い、

モノクロまたはカラーレーザーのどちらがおすすめか、

国内外のレーザープリンタの主要メーカー、

レザープリンタを買う際に確認するべき必要な機能、

今回購入したレーザープリンタの機種名について、

取りまとめました。

2 レーザープリンタとは

レーザープリンタとは、熱と圧力で、トナーを紙に転写する印刷機です。一般的なオフィスで見かけるプリンターは、レーザープリンタです。

参考に、インクジェットプリンタとは、その名前の通り、インクを紙に吹き付けて印刷するプリンタです。

インクジェットプリンタは、年賀状印刷等で使われることが多く、自宅で利用している人も、多いのではないかと思います。消耗品のインクは、100円ショップでも販売されており、身近なプリンタと言えます。

3 カラーまたはモノクロのレーザープリンタは、どちらがおすすめか

うちの自宅には、すでに、カラーのインクジェットプリンタがあるので、今回は、モノクロのレーザープリンタを購入しました。

モノクロレーザープリンタは、消耗品であるトナー代金がカラーのレーザープリンタと比較して、圧倒的に安いため、ランニングコストが非常にやすくなるメリットがあります。

今回、自宅では、主に、テキストベースの情報を印刷することが多いので、モノクロレーザープリンタに決めました。

4 モノクロレーザープリンタのメーカー

モノクロのレーザープリンターを販売する国内および海外の有名な大手メーカーは、

キャノン、リコー、エプソン、ブラザー、ゼロックス、NEC、京セラ、HP、富士通、沖電気、IBM、コニカミノルタ

などが挙げられます。

いろいろな会社から、モノクロレーザープリンタが販売されているので、どのメーカーの製品を買おうか、迷ってしまいます。

上記の企業は、どの会社も有名な一流企業です。

今回は、レーザープリンタを買うのは初めてであり、国内大手メーカーの手厚いサポートを期待して、大手の国内メーカーとしました。

5 レーザープリンタを買う際に必要とする機能

今回の機種選定において、単純に、印刷できるだけでなく、将来的な利便性や拡張性を考慮して、レーザープリンタ必要な機能を以下のように、整理しました。

  1. カラー・モノクロ区分:モノクロ
  2. 解像度:2400×600dpi
  3. 液晶モニタ:有
  4. 最大用紙サイズ:A4
  5. スマホ対応:〇
  6. 機能:コピー、スキャナ
  7. 接続インターフェイス:USB、無線LAN、有線LAN
  8. その他機能:ネットワーク印刷、自動両面印刷、片面の自動紙送装置(ADF)、Air Print対応、Wi-Fi Direct対応
  9. スリープ時の消費電力:1.7W前後
  10. 互換トナーカートリッジの有無:有

これだけあれば、家庭で利用するレーザープリンタとして十分です。

6番目のコピーとスキャナは、必須です。この機能があれば、自宅でコピーしたり、紙媒体をPDFやJPGに電子化できるため、とても便利になります。

7番目のインターフェイスで、特に重視するのが、無線LANです。スマホ、タブレット、ノートパソコンから、自宅にいる時は、いつでも、どこの自宅の部屋からでも、印刷できる便利な環境が欲しいため、無線LANは必須としました。

9番目のスリープ時の商品電力は、メーカーによって異なるので、注意する必要があります。商品単価が安くても、スリープ時の商品電力が高い場合には、毎月の電気代が割高になってしまいます。

理想的には、スリープ時の商品電力は、1W以下の省エネ設計が望ましいです。
10番目の互換トナーカートリッジも、今回は気にしました。
メーカー純正のトナーカートリッジは割高です。

ただし、互換トナーカートリッジは、メーカーの保証外の場合が多いため、故障等があった場合には、自己責任となるかもしれません。

6 今回、購入したレーザープリンタ

今回、購入したレーザープリンタは、

ブラザーの

DCP-L2540DW

です。

上位の新モデルは、

DCP-L2540DW

となります。

ブラザーの製品の名称は、新旧が解り易くで、親切です。

7 おわりに

レーザープリンタを買うか、長期間、買わないか、随分迷いました。

既にあるインクジェットプリンタで単純な代替できそうですし、必要ならばコンビニに行けば、すぐにプリントアウトできます。

最終的には、大手メーカーのレーザープリンタを買いましたが、電話サポートも手厚く、使い勝手がよく、大満足です。

皆さまのレーザープリンタ選定の基準にしていただけましたら、嬉しいです。

それではー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする